陽だまりの家

Wish

Philosophy

活きる力の基礎を育てる

活き活きとした人生を送るためのファーストステップとなる学び場が保育園であると考えており、その学び場で3つの目標をもって保育を行っております。


1.自ら物事に取り組み、進んで行動する子ども(主体性)
2.さまざまな発見・挑戦・感動を味わいながら成長する子ども(感性)
3.さまざまな人に触れ、お友達をつくり、楽しく遊べる子ども(社会性)

以上の3つの目標を持ち、子ども達、保護者の皆さま、地域の皆さま、先生方と共に日々の園生活を楽しく過ごしております。

Policy

~様々な体験を通して豊かな感性や主体性をもとに社会性を育む~

好奇心旺盛な幼少期には、いろいろな経験をたくさんしてほしいと思います。
たくさんの経験の中で、成功体験を得ることで『自己肯定感』(自身)を育む。
また苦手なことにも挑戦することで、忍耐力や達成感を味わうことが出来ると思います。
これからの未来には、非認知能力(忍耐力・社交性・自尊心・思いやりなど)が必要といわれています。この非認知能力は、偏ったものではなく様々な経験から得られるものだと考えます。そういった中で自分が自信を持てる事を見つけ、将来の夢をもって大きく羽ばたいていってほしい。そんな願いが込められています。
お預かりするお子様たちが元気に遊び、笑顔いっぱいに育っていけるよう保育してまいりたいと思います。

Vision

思いやりのある子

困っている子を自然に助けて
あげられるような心を育てます

健康で明るい子

毎日を楽しく元気に
過ごします

話をしっかり聞ける子

落ち着いて活動する時間を過ごす
ことで集中力を身に着けます

意欲をもって自ら行動する子

色々な事に興味を持ちチャレンジ
する気持ちを育みます

素直に感動し豊かに表現できる子

様々なことを経験し、いろいろな
方法で表現します

Kids Program

英語

『聞く力』、『話す力』を歌や踊りを交えながら伸ばします。

絵画

絵具やクレヨンの他にも様々な素材を使い子どもの創作意欲を刺激します。

体操

器械体操を通じ集団での活動を覚えながら心も体も鍛えられます。

Greeting

地域に根ざし、愛される施設を目指してあたたかい人の優しさと利用者様の自然な笑顔が木漏れ日のようにあるれる施設の運営を目指しています。

活きる力の基礎を育てる

当法人は「活きる力の基礎を育てる」という法人理念を掲げ、義務教育の小学校に上がる前の段階の基礎となる力を育てるお手伝いをさせていただきたいと考えております。

「三つ子の魂百までも」といわれるように、育まれた心がその後の人生の基礎となっていきます。
この大事な時に保育を受ける子どもたちには一番密度の高い保育をすべきではないかと思っております。

初めて社会生活を営む保育園での生活が快適で楽しいものであるように、子どもたちの心に寄り添い保育に努めてまいりたいと存じます。

社会福祉法人陽だまりの家 理事長

加藤 芳彰